定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から

退職金でのローン完済の是非


あなたはまとまった退職金が入ってきたら、「豪華客船飛鳥に乗って世界一周旅行をしたい」「ハワイに別荘を持ちたい」などといろいろと夢を描いているのではないでしょうか。



でも、現実問題としては、厳しいものが待っているものです。

住宅ローンにしても、完済している人よりも、いくらかでも残債のある人のほうが多く、残債のある人は、繰り上げ償還をすべきかどうか、選択を迫られるでしょう。

今まで重荷になっていた家のローンを、すべて精算してしまえば、気持ちもサッパリしてローンに追われた生活から脱却することができるかもしれませんが、必ずしも、ローンを全額返済するのが得策とばかりはいえません。

たとえば、退職金が2000万円近く入ったとして、その半分をローンの返済に充てれば、長年の重荷になっていた借金地獄から開放されるかもしれませんが、あなたの老後の緊急時のために残されたお金は1000万円しか残りません。

ローン返済に充てた1000万円は二度ともどってくることはないのです。



1000万円では、老後の生活資金としては何とも心もとないでしょう。

退職金が3000万円以上あるのなら、繰り上げ償還も考えても良いでしょうが、そうでなかったら、やはり現金は手元に置いているほうが、心は休まるのではないでしょうか。

また、退職後にまとまったお金を必要とするのは、ローンの返済だけでなく、老後も快適に住めるようにする持ち家のリフォームの問題もあります。

バリアフリーにしたり、風呂やトイレに暖房器具を備え付ける必要も出てくるでしょう。

リフォームに関しては、どれぐらい手を入れるかによって変わってきますが、あの人気のテレビ番組で紹介している「ビフォーアフター」などを見ていると、数百万円から1000万円程度はかかっているようです。

ほかにも、長期的な展望に立ってみると、退職金の使い道は広がるはずです。

・思い切って住み替えをする
・介護付き老人ホームの入居資金にあてる
・やっぱり夢の世界一周ははずせない

など、いろいろあるでしょう。

何にせよ、退職金をローン完済に充てることは、十分熟慮の上、決定しましょう。






★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント