定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から


与えすぎは子どもをダメにする


子どもに何でも買い与えて育てたり、あるいは、やみ雲に溺愛したりすることを「母慈滅子の弊害を招く」といいますが、このような状態で子どもを育てますと、子どもが社会に出て一人前に仕事ができず、なにごとも人を頼って自立心がなくなり、社会で役に立たない人材になります。



これは金銭的にもいえることで、何でも好きなように買い与えたりしていると、とても子どもは独り立ちできなくなります。


自然界では早い時期に親は子を放し、子は親から離れて巣立つというのが、当たり前の営みです。

しかし、人間はどうでしょう。

最近は少子化の影響もあって、子はいつまでも親に頼る傾向があり、親も子に頼られることを嬉しいとさえ思っているようです。
そうした関係を一概に否定するつもりはありませんが、金銭的なかまいすぎは、けっしてよい結果をもたらしません。

車が欲しい、結婚資金を出して欲しい、家の頭金を援助して欲しい、孫が生まれれば雛飾り、鎧兜、と、それこそ湯水のように子や孫にお金を使う親がいますが、お金を出すようになりますと、自然と口も出すようになるものです。

もし、子どもが結婚して家が欲しいといったとき、資金のいくらかで援助しますと、どうしても金を提供したほうが強い関係になるため、親が「今日はちょっと泊めてくれるか」といえば、子どもとしてはしぶしぶでも泊めざるを得なくなるでしょう。

こうなると、子どもの嫁と姑との関係だって、ギクシャクしたものになり、あるいは子ども夫婦にとっても、夫婦喧嘩の要因になることだってあります。

もし親が子どもより長生きするのであれば、いくら手助けをしてやってもいいでしょうが、いずれは親が先に死んでしまうわけですから、早いうちに独り立ちできるように訓練をさせておく必要があるのです。
そのためには、親も子も、お互いに頼りすぎず、またお互いの生活に干渉しないように、お金も口も出さないことです。

親が成人になった子どもを助けるときは、子どもが本当の窮地に陥って二進も三進も行かなくなったときであり、そのときには、できる限りの援助をしてやるのが親の心構えでしょう。

要は子どもにお金をむやみに与えず、早く独り立ちできるように導いてやることです。







★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント