定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から

生命保険会社の介護保険とは


介護を考える場合、要介護状態にならない健康づくりが何よりも大切になりますが、もし介護が必要となった場合どうしたらよいのでしょうか。



一般的に「介護保険」といえば、社会保障制度としての公的介護保険を思い浮かべますが、それでも不十分な場合には、自助努力として公的介護保険を補完する方法に「生命保険会社の介護保険」があります。

最近では、民間の保険会社からも介護にかかる費用負担を軽減するためのさまざまな商品が登場していますので、自分や家族のニーズに合わせて介護保険を選びましょう。

生命保険会社の基本となる介護保険としては、保険契約に定める所定の要介護状態になった場合、現金を受け取れる保険で、給付内容は「一時金(介護一時金)」「年金(介護年金)」「一時金と年金の併用」の3タイプがあるようです。

加入方法としては


@ 終身保険などの主契約に「介護の特約」を付加する方法
A 主契約として「介護保険」に加入する方法
B 終身保険などの保険料の払込満了時点で介護保障に移行する方法
があります。どんなときにどんな保障が受けられるのかを確認して、自分の生活設計にあった介護保険を選択することが大切です。

次に保障の対象となる要介護状態とは
・保険会社が定める所定の「寝たきり」と「認知症」状態が対象です。
・要介護状態が、保険会社が定める所定の期間継続していることが給付の要件です。
・公的介護保険の要介護認定に連動して給付を受けられるタイプも取り扱われています。

保険期間としては、
・有期(10年、20年など一定期間、または70歳、80歳など一定年齢まで)
・終身
の2種類があります。

介護年金の受取期間としては
・有期(10年などの一定期間、または保険期間満了まで)
・終身
の2種類があります。

※ 一般的には所定の要介護状態が継続していることが、継続して年金を受け取るための条件ですが、一度でも要件に該当すれば、継続して年金を受け取れるものもあります。






★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント