定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から



相続税はどんな財産に課税されるのか?


遺産は、亡くなった方が遺された財産を言いますが、その財産は相続税が課税されるものと、課税されないものに分けられます。

相続税は原則として、死亡した人の財産を相続によって取得した場合に、その取得した財産にかかります。



この場合の財産とは、現金、預貯金、有価証券、宝石、土地、家屋などのほか貸付金、特許権、著作権など金銭に見積もることができる経済的価値のあるすべてのものをいいます。

なお、次に掲げる財産も相続税の課税対象となります。

(1) 相続や遺贈によって取得したものとみなされる財産
  死亡退職金、被相続人が保険料を負担していた生命保険契約の死亡保険金などが、これに相当します。ただし、相続人が受け取った生命保険金等や退職手当金等については、一定金額までを非課税としています。

(2) 被相続人から死亡前3年以内に贈与により取得した財産
  亡くなった人、つまり被相続人から、その死亡前3年以内に財産の贈与を受けている場合には、原則としてその財産の贈与された時の価額を相続財産の価額に加算して、相続税を計算します。

(3) 相続時精算課税の適用を受ける贈与財産
  被相続人から、生前、相続時精算課税の適用を受ける財産を贈与により取得した場合には、その贈与財産の価額(贈与時の価額)を相続財産の価額に加算して、相続税を計算します。

課税財産を整理しますと、次のようになります。
@ 不動産
土地(借地権も含む)・家屋など
A 事業用財産
 商品・売掛金など
B 有価証券
 株式、出資、国債、証券投資信託など
C 家庭用財産
 家具、家財道具など
D そのほかの財産
生命保険金、退職手当金、立木、自動車、書画・骨董、特許権、著作権、ゴルフ会員権、貸付金など






★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント