定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から


二世帯住宅を建てるなら相続も考慮


最近は、経済情勢や少子高齢化の影響などもあって、二世帯住宅の希望が多くなっているようです。

親世代にとっては、おそらく働き盛りの40代前後で建てた家が多く、すでに老朽化していろいろとガタが出ており、何とか建て替えたいけれども、年齢的にローンが組めなかったり、年金収入しかなかったりして、建て替えまでできないことが多いでしょう。



子ども世代にとっては、経済情勢の厳しさから、給料も先行きの見通しが立たず、一戸建てを買うほどの余裕がありません。

これが二世帯住宅を建てるとなると、子どもを親に安心して預けられて共働きもできます。こういうことで、二世帯住宅に人気が集まっているようです。

ただ、将来のためには、相続のことも考えて、誰の名義にするかを検討しておくことです。


二世帯住宅を建てる場合、「親が所有している土地に子どもが住宅ローンを組んで建物を建てる」というケースがあったり、あるいは、「新たに土地を購入して二世帯住宅を建てる」ということもあるでしょう。

いずれにしても、二世帯住宅と切っても切り離せないのが相続の問題であり、新たに土地を購入したり、建物を建てたりすれば、当然、それらを誰が所有しているのかという「登記」の問題が発生します。

誰だって、「いずれ親は死んで行く身の上であり、相続の問題も解決できるので、最初から子どもの名義にすればいいのではないか」と考えるかもしれませんが、そういう都合の良い登記などはできず、登記は出したお金の割合によって、持ち分登記になるのです。

しかし、そこにも大きな罠が潜んでいる可能性があるのです。

たとえば、親の所有している土地に子どもがローンを組んで住宅を建てるとしましょう。この場合、土地は親名義、建物は子ども名義になり、親も健在なうちは問題は生じませんが、親が亡くなってしまったらどうでしょう。

子どもが複数人いたら、親の土地は、子どもで分ける必要がありますが、現実は分けることなどできないでしょう。こんなことをしても、建物に子どもが住んでいるのですから、土地を処分することなどできません。

現実には、土地を分割するわけにはいきませんので、その分、現金で処理する必要があり、そのための現金も家を建てた子どもが準備しておかなければならないような事態も生じかねます。






★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント