定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から

生命保険の「単体保険」とはどういう意味ですか?


「単体保険」は主契約のみで特約のない保険

「抱き合わせ保険」の典型が「定期付き終身保険」です。

この保険を分解すると、主契約の「終身保険」に、【定期保険】そして「入院特約」「通院特約」などの特約がついたものです。



一般に主契約の「終身保険」を解約したり、減額したりすると、特約もなくなってしう商品が多いようです。

「単体保険」とは、「終身保険」でひとつの契約、「定期保険」でひとつの契約、「医療保険」でひとつの契約で、個々に解約や減額ができるので、煩わしさがありません。

しかし、一般的に保険料は、「抱き合わせ保険」より、若干高くなります。

最初から「特約」がぎっしりついた「セット商品」では、何がどうなっているのか定款を読んでも分からなくなるケースが多いので、シンプルな保険をまず選び、それに「特約」を付けるのが良いかもしれません。

そうすると、保険期間をはっきり把握した保険がベースになっているから、それに「特約」をつけたからといって、何歳から何歳までの保障か、間違いようがないじゃありませんか。

「保障期間」こそ、生命保険に加入する上で、一番重要な事柄です。
なぜなら、長い間ずっと保険をかけ続けてきて、現役を引退したら、ほとんど全ての保障が期限切れになっていた、なんてことが当たり前に発生しているからです。

こういう重大な問題に比べれば、死亡保障が1,000万多いか少ないかなど、二の次でしょう。

「多いか少ないか」より「出るか出ないか」の方が先決です。






★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント