定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
 TOP生命保険の基礎知識 保険の見直しで得する人、損する人の違い
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から


保険の見直しで得する人、損する人の違い


生命保険の「転換」は本当に得なのでしょうか。

「保険の転換」とは、現在加入している保険の解約返換金を元本として、新しい保険に乗り換えることです。
実質的に新しい保険の支払いを数年分まとめ払いした状態で契約する形ですが、果たして転換って本当に得なのでしょうか?



保険外交員のおばちゃんに、生命保険の『転換』を勧められたとはありませんか? 
よく「今転換すれば、医療特約が付きます!」だの「月数百円の上乗せで死亡保障が1000万円増えます!」だの魅力的な話を持ちかけられたりしますね。



新しくすすめられる保険は新たな特約もいろいろとついた保障内容になりますので、ちょっと見たところではよりよく見えるものです。

ところが、生命保険は基本的に加入する時点の年齢で保険料が決まってくるもの。つまりは、新しい保険は保険料が割高になる可能性が高いということになります。古くから契約していて保険料が割安な保険は、解約や転換をしないほうが無難かもしれません。



もう一つの生命保険転換の落とし穴があります。

例えば、現在契約中の保険と転換する保険とでは、予定利率が大幅に違いますので、年金型保険などではたとえ死亡保障が増えても、満期支払い金が大幅に減る場合があるのです。
また、転換した保険がほとんど解約できないような仕組み(返還金が極端に少ない)だった、なんて落とし穴もあるようです。

もし、保障を大きくしたり、医療特約を付けたりしたいのであれば、現在契約中のものはそのままで、新たにもうひとつ、必要な保障分だけの保険に新規加入した方が、トータルでは契約者に有利になることが多いようです。



無論、すべての転換が悪いという訳ではありませんが、保険外交員の言うままに乗り換えていては、ほとんどの場合で不利な契約になってしまう可能性は否定できません。

むしろ結婚や出産といったときこそ、保険を見直すいいタイミングです。
子どもが小さいうちに何かあった場合に備えて保険料をおさえてみたり、また夫への死亡保険を増やすことも検討しても良いでしょう。

そういった内容こそ、保険のプロである保険会社の担当に自分のほうから相談して見るべきです。







★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント