定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から


マイホームを購入したら団体信用生命保険


マイホームを購入したり、新築したときには、団体信用生命保険に加入することがほとんどでしょうが、これによって、死亡保障額を減らして保険料を軽減することも可能です。



団体信用生命保険は、大きな安心になります。

住宅ローンは、高額のため、長期にわたっての返済になるのが通常です。返済期間中に、万が一ということがないわけではありません。そんなときのための、住宅ローンに付随する生命保険です。

団体信用生命保険(通称「団信」と言われています)は、住宅ローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払うもので、金融機関が、ローンの利用者をまとめて生命保険会社に申し込むもので、掛け金も安く、また加入時年齢による保険料の違いなどもありません。

もし団信に加入していない場合に一家の大黒柱に万が一のことが起こったら、残された家族が住宅ローンを返済し続けなくてはならないため、団信はとても重要なものとなります。

団信は、住宅ローンを借りるときに、その借入額と同額の保障額で加入します。

ローンの返済が始まって借入額が減少していくと保障額も同じように少なくなり、ローンが終了するときに保険期間も満了する仕組みになっています。

つまり、住宅ローンがある限り、つねに住宅ローンの残高と同額の死亡保障がついていることになります。






★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント