定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から


保険の見直しのタイミングはいつがいいのでしょうか?


死亡保険の必要保障額は、一家を支える大黒柱と専業主婦では、大きく異なってきますが、年齢や家族構成によっても、状況に応じて変わってきますので、@からDに沿って保険の見直しも考慮に入れましょう。



@ あなたが独身のとき
あなたが支える家族はいないわけですから、死亡時の保障額もそれほど大きくなくても大丈夫ですが、その代わり、医療保険とか、事故保険にはしっかりした保障が必要でしょう。

A あなたが結婚したとき
結婚をしたなら、妻に対して生活が困窮しないように準備しなければならず、1000万円から2000万円程度の死亡保障は必要でしょう。
たとえ妻が働いていても、イザというときには、妻だけの収入では不安であります。
妻が結婚前から保険をかけているなら、結婚を機に見直すことも考えましょう。

B 子どもができたとき
見直すには絶好のタイミングです。
子どもが一人のときには、約3000万円程度の死亡保障額が必要であり、二人目のこどもがあれば、子ども一人につき500万円程度加算するのが良いでしょう。
ただ、これもあくまで目安でありますが、サラリーマンの家庭なら、これぐらいは必要でしょう。

C マイホームを取得したとき
マイホームを取得して団体信用生命保険に加入すれば、その分、保障額を減らすことも可能でしょう。なぜなら、万が一、死亡事故が起きたとしても、住宅ローンの残りの残債については、保険から支払われるので、ローンの負担はありません。
ですから、ローンの負担はなくなって、住宅はそのまま家族に残されるからです。

D 子どもが学校を卒業して独立したとき
この時期には、子どもの生活を考える必要はなくなり、妻の生活だけがまかなえればよいわけですから、それにあわせた保障額で良いでしょう。






★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント