定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から


若い人が近くにいれば自然と若返る


定年を間近に迎えるようになりますと、中学校とか高校の同窓会の誘いがあるものです。定年を機に、昔の懐かしい仲間と会いたいという気持ちが強まるからでしょう。



その同窓会に出ますと、みなそれなりに風格が出ているものですが、老け方でいえば、本当に爺さんのようになっている人もいるかと思えば、まだまだ50歳ぐらいの雰囲気を漂わせている人もいます。

まずはその当時のマドンナに目がいきますが、その変貌ぶりに見ないほうがよかったと思うこともしばしばです。

一方では、同級生とは思えないような若々しい人もいて、「本当にこんな同級生いたのか」と問い返したくなるほどです。

この若々しさを保っている人と、老けてしまった人との差は何かと考えると、やはりその人の置かれた仕事環境にあるようです。若々しい人は、若い人と接することが多い学校の先生であったり、キャリアウーマンで保険のセールスをしていたり、マスコミ関係や美容師などで活躍している人が多いようです。

要は自分の年齢にあった人と仕事をしているのではなく、自分の価値観や自分の年齢とは関係ない人たちとつき合っているケースが多いです。



高齢者の中にも高齢者と会話をするのを嫌がる人がいますが、これは高齢者のなかにいると病気の話とお墓の話だけで気が滅入ってしまうからだそうです。

あなたの若かった頃を思い出してみてください。

若いときは、だれだってアドベンチャー精神が旺盛で、行き過ぎやりすぎのところはあっても、そのときに得た知識や経験を自分のなかに取り込んでいって、いつも脳を刺激しては活性化していたのです。

しかし、年齢を重ねてくると、少しでも先が見えてくるため、冒険的な気持ちを失って、自分の利益になることや役に立つかどうかで、ものごとを判断するようになってしまうのです。ですから、同年代の人とのつき合いでは、同じような発想しかできないため、脳が刺激を受けることが少なくなります。

そんなとき、若い人とのつき合いがあると、結果の良し悪しを考えず突っ走ってしまったり、あるいは突拍子もないアイディアや発想をしたりしますので、いつもハラハラドキドキで脳が刺激されて活性化するのです。

最近は、心はお年寄りという若者も多いようですが、いくつかある居場所のひとつに若者がいる場所があると、心のエンジンも回転し始めます。







★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント