定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から

退職後の会話には相手を思いやった話題が大切


退職する年代になると、なにげない日常会話が相手を傷つけることがありますので、話題選びは慎重にする必要があります。



あなたも経験があるように、現役時代は、同僚や上司の悪口をネタにしながら、酒を酌み交わすことが多かっと思いますが、退職すると、話題の内容はがらりと変わり、日常のちょっとした変化や新聞記事の内容などをとりあげて話題にするようになります。

とくに、子どもの結婚の話とか、孫の話題などが、とりたてて問題がないということでよく登場します。

しかし、これらの話題には、人によっては適切でないことがあります。


「娘が近くに住んでいるので、毎日といっていいほど、孫が来ましてね。孫は来てうれし、帰ってうれしで、毎日来ると、遊び相手になるのも大変ですわ。肩が凝ってマッサージに通うこともありますよ」

などと、孫自慢をする人がいますが、相手の家族状況を知らないまま、こういう話題を切り出すのは問題があります。

相手によっては、お孫さんに恵まれなかった、あるいは、不幸にして病気で亡くなってしまったという場合だってあります。また、子どもさんに恵まれず、孫どころではない人だっています。そういう相手にとっては、寂しさをいっそう募らせるだけになりますから、子どもや孫の話題はタブーなのです。

これらは一例ですが、相手の家族関係に踏み込むような、あるいは探るような話題は、できるだけ避けるというのが、退職した大人のマナーであり、心配りというものです。

何も家族関係の話題を持ち出さなくても、今朝来た新聞や浅野ニュースからでも、話のネタはいくらでもあるでしょう。

自慢にならない程度なら、自分の趣味の分野の話をするのもいいでしょう。

いずれにしても、老後の人間関係をうまく運ぶには、相手を思いやった話題を提供することです。







★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント