定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から


退職後の大人のつき合いは淡白なのが良い


人間はひとりでは生きていけない動物であり、歳をとればとるほど、たとえ妻が身近にいても人恋しくなって寂しさを感じるようになるものです。

子どもたちが近くにいるとか、同居をしているよう状態であれば、人恋しさも少しは紛れるかもしれませんが、やはり身近に友人がいないと、耐えるのはつらいものです。



人生を共に語らえる友と、時間の過ぎ行くのも忘れてしまうような関係は、どんなに素晴らしいことでしょう。

しかし、ある程度の年齢になってからの友人との関係は、やはりムツ濃いラーメンのスープ味よりも、やはりあっさり味がおすすめです。

学生時代の友だちならいざ知らず、退職後の新しい人間関係は、すべての楽しみを求めないことと、満足しないことを理想とするのが良いでしょう。

午前中は、待ち合わせて映画鑑賞、それからレストランで軽い食事、そして趣味のショッピング、それから夜は居酒屋で一杯というスケジュールなら、丸一日、顔を突き合わすことなり、これほど濃いつき合いはないでしょう。

こんな過密スケジュールなら、だれだって息が詰まるような思いがしてくるでしょうし、なんといっても、お互いの貴重な時間を束縛しすぎなのです。

こういう関係が何日か続きますと、必ず、どちらからともなく、うっとうしいと思う気持ちが強まり、お互いに避けるような関係になります。



古い友人なら、「あうん」の呼吸で、お互いの切り上げ時が自然と分かり合えるのですが、退職後の新しい友だちでは、どちらかが積極的に誘ってくれば、無理に断ることもできず、それなりのつき合いをしてくれるでしょうが、やはり年齢を経てから友だちになったというケースでは、早めにブレイクしてお互いを解放しあうほうがいいのです。

できれば、「昼のランチで世間話をして別れる」「夜だけ居酒屋で軽く一杯する」あるいは「喫茶店でコーヒーでも飲みながら趣味の話などをする」というように、少し物足りないなあと思うぐらいで、別れるのがいちばん長続きする秘訣なのです。

これはちょうど若い恋人同士の交際と同じようなもので、とことん満足してしまうと、飽きられて別れが待っているようなものです。

どんなことにおいても、満足はとことん目指さないのがよく、ある程度、不満が残る程度がちょうど良いのです。

食べることだって、好きなものを腹いっぱい食べたらどうでしょう。

吐き気を催すだけです。






★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント