定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から

退職後は自然体で相手に接することが大切です


人間は歳をとればとるほど、心に角が取れて丸くなるといわれていますが、現実にはそんなことはありません。逆に、歳を取るほど頑固になって人の言うことを素直に聞かなくなるものです。



その原因の一つに、現役時代にさまざまな人と仕事を通じて関係をもったため、相手の人柄や実力を見抜く訓練が自然にできあがっており、どうしてもまっすぐ相手をとらえることができず、相手を批判的に見てしまうのです。

たとえば、
「山登りのサークルにはいったのだが、○○さんは口うるさくて、どうもソリが合わない」とか「毎週決められた時間のサークルには遅れてくるし、山登りではいつも自分勝手な行動を取って探し回らなければならない。いったいどんな社会生活を送ってきたんだ」

などと、相手のことをいつも批判的でネガティブに見ていたら、自分自身が疲れてしまうし、「こんなことなら、ひとりのほうがずっとラクだ」と思うかもしれませんが、そんな思いは、退職後、しばらくの間だけです。

歳を重ねるにつれ、新たに知り合う人も減り、古い友人たちのなかには先立つ人もいるかもしれない。そうなってから悔やんでも時間を取り戻すことはできないのです。

リタイアすれば、知り合う人と競争意識も対抗意識も持つ必要はないのです。



ですから、自然体で相手に接することが大切で、仕事を離れたら、これまでとはまったく違う新たな人間関係を築く必要があります。


まだ柔軟な心を持っているうちに、周囲との間関係を構築しておきましょう。

昔から、「袖振り合うも多生の縁」という言葉があるように、縁があったからこそ知り合えたわけですから、相手のマイナス面ばかりを見ないで、プラス面を見て積極的なつき合いをしたほうがよほどいいです。

歳をとればとるほど、自分を完成した人間だと錯覚し、自分が作った心の土俵の中で一生懸命相撲をとっているのです。その相撲はあなたが作った土俵なのですから、必ず勝つのです。

それと同じように、相手も自分の土俵を持っており、その土俵の中で戦おうとしているのです。これではいつが経っても、相手に近づくことはできません。

少しでも、自分の土俵を広げ、相手の土俵も自分の土俵の中に入れてあげるようにすれば、さまざまな角度から相手を見ることができ、相手の素晴らしいところがいくらでも見えてくるでしょう。






★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント