定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から


肩書き抜きのいい人間関係を広げよう


リタイアすれば、基本的に仕事上でのつき合いの人間関係は、ほとんどなくなるものです。つき合う意味がないからです。もちろん、退職しても、職場で、仕事を離れたつき合いをしてきた仲間がいれば別ですが、もともとビジネスの世界は競争社会であり、周囲の人間は皆ライバルであって、お茶飲み友だちの関係は構築できないようになっています。



ですから、リタイア後は、肩書きもすべて取っ払って裸の関係でつき合えるような友を見つけることが先決です。

なぜなら、リタイア後の生活がおもしろいか、つまらないか、充実しているか、むなしいか、そのカギを握っているのが友だからです。

月に一度か二度、誰からともなく誘い合わせて、一献酌み交わす。

これは、まさに人生最高の至福ではないでしょうか。

他愛のない話をしながら、時間がゆっくり過ぎていくだけですが、これが心を潤してくれるし、かけがえのない楽しみにもなるものです。

そんな友との時間が心地よいのは、仕事からまったく離れたたつき合いだからです。

仕事上での人間関係は利害が自然に絡んでくるし、たとえ会社や職場が違ったかつての学生時代の友人といっても、これまでの社会的立場の上下関係が気になるし、あるは所得や収入関係なども気になって、なかなか腹を割ったつき合いはできないものです。



しかし、お互いにリタイアした関係であれば、地位も肩書きも関係ないから、文字どおり、裸のままの男同士のつき合いになり、無理のないつき合いができます。

たとえ、お互いの生活環境がかなり違っていたとしても、大人としての分別がありますので、気取らず気張らず、日常会話を楽しみながら、うまい酒が飲めるのです。

それでは、どうしたらそういう友を見つけることができるのだろうか。

人間の性格は「三つ子の魂百まで」といわれるように、社交的な人は死ぬまで社交的であり、引っ込み思案な人は棺桶に入るまで引っ込み思案で、年齢を重ねても性格が変わることはありません。

ですが、たとえ引っ込み思案で話し下手であっても、コツさえつかめば問題ないのです。

それは、地域の会合でも、趣味の集まりでも、あるいは何かのイベントでも、出会った人と話す際には、相手の話に興味を持って肯定してあげることです。

たとえば、相手が釣りの話をしてきたら、たとえ釣りが嫌いであっても、「どちら方面で釣りをされるのですか」「海釣りですか、川釣りですか」「今なら、どんな魚が釣れますか」というように、相手の話を折らないで、相手の興味を引き出すように話を進めていけば良いのです。自分の好きなことに相手が興味を示して、その相手を嫌いになることなどないのです。






★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント