定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から

自然の命に触れ合い、ゆったりした癒しの時間を持とう


日々喧騒とした都会で暮らしている人から見れば、田舎暮らしは、まさに理想郷に映るのでしょうか。

リタイア後には、住み慣れた都会を捨てて、第二の人生を「田舎でのんびりと悠々自適の生活をしよう」と夢に描いている人は意外に多いようです。



しかし、交通手段や利便性などの問題など、当初から予想されているとはいえ、現実に住んでみると、やはり永住するのは難しさがあります。

田舎暮らしをしたいという基本的な考えは、自然に触れ合いたいという願望からきているわけですから、何も大きなストレスを抱えるようなことはしなくても、身近にいくらでも体験できます。

今、あなたが住んでいる環境の中でも可能で、マンション住まいならプランター菜園を始めてみるのもよく、庭付きの家をお持ちなら、庭の一角を畑にしてみるのもいいでしょう。

ミニトマトやサラダ菜、ハツカダイコンなどの野菜なら、プランターが2、3個もあれば、夫婦二人ぐらいの暮らしには十分なくらいの収穫も楽しめます。

プランターの土にタネを蒔いておけば、土から緑の芽が芽生え、やがて瑞々しい双葉となって命の鼓動が聞こえてきます。

それだけでも、心が新鮮さを取り戻すだけでなく、命の大切さも知って、すがすがして気持ちになっている自分に気づいたりします。

また、最近では、畑を貸し出しているところもあり、そこでは、いろいろな野菜の栽培方法や田植えの仕方まで教えてくれる人がいるようです。



何を育てるかは、もちろん自由ですが、どうせ育てるのなら、苗を植えるのではなく、種から育てるのがいいでしょう。

土のなかから小さな芽を出し、「そろそろ色づいてきた・・・」「虫に食われているが、なんとか元気」「食べごろはもう少しだ」

日々育っていく健気な姿に、命の営みの素晴らしさを教えてくれ、自分も大自然の一員であることを実感することが大切です。

何も、野菜の収穫だけを目的にするようなことはなく、失敗すれば、次の年には水遣りや肥料はこうしよう、ああしようと、考えればいいだけです。

時間は生命の営みとともに流れており、ゆったりしたものです。現役時代は、あくせくしてそんなことすら気づかなったでしょうが、大きな自然の流れを感じることができるようになれば、これから過ごす時間はもっと豊かになるでしょう。







★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント