定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から


時間を無駄にしないために目標を立てよう


現役時代は、自分がスケジュールを無理に立てなくても、勝手に仕事のスケジュールが入っており、それにしたがって日々過ぎていたのではないでしょうか。



それがリタイアしますと、自分で時間管理をしなければ、だれも時間管理をしてはくれません。そうなると、ただ何の目的もなく、一日一日がのんべんだらりと過ぎ去っていくだけで、大事な時間がムダに終わってしまいます。

時間をムダにしないためには、自分が日ごろからやってみたいと思っていたことを何でも書き出してみることです。

そうすれば、自分の目標なり目的が少しずつ見えてきます。
たとえば、
 「明日は、あの店の蕎麦が食べてみたい」
 「今までやってみたかった、囲碁を習ってみよう」
 「夏には、山登りをしてみよう」
 「独りになっても不自由しないように、料理教室にも通ってみよう」
 「趣味でやっていたギターを教えよう」
 などなど。

このように、自分のやってみたいことをリストアップすれば、すぐにできる目標と中長期で考える目標が明確になり、そのための実行計画も自然と組み立てられてくるものです。

明日、蕎麦を食べたいのなら、「何時に起きて、車でどう走ればよいのか、何時ぐらいに到着するのか」など、一日の計画性が生じてきます。

夏に山登りをしたいのなら、ひとりでは危険ですから、「どういうサークルに入ってどういう訓練を受けたらいいのか」など、事前に調べで、中長期的な計画を立てることも必要になります。

こうなると、毎日が暇ではなくなり、人生にいろいろと目標ができ、それがやりがいとか生きがいにつながって、充実した日々になるのです。

それと何よりも、感情に変化のない単調な日々は、老化を早めますが、目標を掲げ、少しでもいつもとちょっと違う感情、たとえばうれしい思いや楽しいと感じるシーンが多くなればなるほど、気持ちが若返るものです。

また、目的を明確にすれば、それを達成するためには、自分ひとりで完成できるものはなく、人とのコミュニケーションも大切になりますので、孤独感も薄れるでしょう。






★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント