定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から


退職後は我がままで思うがままに生きてみよう


これまで歩んできた学生生活や社会生活などでは、わがままは極力抑制するように努めてきたのではないでしょうか。



会社という組織に入れば、人間関係ですべてが成り立っているので、自分の気持ちはできるだけ抑え、自分の思いを貫くことなどほとんどできなかったし、そのことの不自由さは身をもって経験してきているはずです。

集団生活にはルールがあり、規律がもっとも重要視されることから、わがままな人ほど敬遠されることが多かったでしょう。

ですから、「あなたは自分の思いを貫いて人生を生きてきたか?」と問われれば、「そうだ」と返答できる人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

退職した今は、だれからも規制されることなく自由の身になったわけですから、何のプレッシャーもなく、これからの人生は思うがままに生きたらいいのです。

「わがまま」を貫いてもいいのです。

誰も止める人はいないのですから。

しかし、この「わがまま」は、自分中心の身勝手でやり放題し放題というのとは全く違いますので注意が必要です。

「わがまま」とは、辞書には「自分があるがまま」「思うがまま」「願うがまま」とあるように、自分の意志を貫いて目標なり目的を達することだと考えます。

ですから、今までは自分の思いを、会社に尽くすことで封印してきたわけですから、これからは、自分の思いとかやりたかったことを、人生の総仕上げとしてやり遂げることです。

それが「わがまま」なのです。

わがままに生きることは、ある意味では、自分に課せられた使命のようなもので、ルールも組織もなく、自分がルールを決めながらやり遂げるものであり、大変やりがいのあることです。

あなたも、今まで夢に描いてきたものを、「わがまま」精神で、挑戦してみてはどうでしょう。






★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント