定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から

子どもとは「つかず離れず」でいい関係を保とう


子どもが独立して夫婦二人になったときには、お互いに労わって助け合いながら、「お前百まで、わしゃ九十九まで」といわれるようになるまで、老後を楽しく暮らしたいと誰でも考えているでしょう。



しかし、仲の良い夫婦であろうとなかろうと、いっしょにあの世に行くことはできず、どちらかが先立って、夫婦のいずれかが残されてしまうのはしかたないことです。

残された人が自分の家で身の回りのことがひとりでできる間は良いでしょうが、いずれは体力的に無理がきかなくなることもあり、それをきっかけに子どもから同居の誘いがあったりするものです。

寂しさもまぎれるし、生活面での不安も解消され、まさに渡りに舟という感じですが、実際は難問が山積しているのです。

第一に、住み慣れて地域を離れる場合、長年にわたって築いてきた人間関係は失ってしまうし、環境も一変します。若い頃なら新しく人間関係を築くことはそれほど苦にならないでしょうが、歳がいってからは大変です。

一戸建てから子ども夫婦のマンションに引っ越すということになれば、自分の生活スペースもはるかに小さなものになり、荷物もかなり処分する必要があるかもしれません。

食事も自分の好みを主張するわけにはいかず、それまで朝食は味噌汁とご飯が主であったものが、パン食に変わったりすることも考えられ、食生活の変化は体にとって負担が大きくなります。

さらに、息子の嫁さんに世話になるとすれば、お互いが遠慮して気詰まりになるし、息子夫婦の生活にペースを合わせるとなると、これまで自由にのびのびと生活していたのに、180度生活ペースが変わってきます。

こうした問題を考えると、同居はよほど熟慮して決めるべきではないでしょうか。

家事サポート付きの高齢者用住宅のほうがゆったり暮らせるということもあるのです。







★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント