定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から


60歳以上のシングルシニアに必要なお金はいくら?


昔なら、だいたい男女とも同じようなライフサイクルをたどっていましたね。

たとえば、男なら、20歳代で結婚するのが普通で、30歳前後で子作りを終わり、50歳ごろには、子育てが終わって、夫婦ふたりの生活が始まるのが一般的でしたが、現在では、個人の価値観を重視するため、独身を貫く人もいるし、結婚するにしても、20歳代でするとは限らなくなり、人それぞれの生活パターンが異なってきました。



独身を貫く人、あるいは配偶者と途中で生死別するなどして、独身を余儀なくされている方もいるとは思いますが、いずれにしても、シングルシニアとなった場合、どれぐらいの生活経費がかかるのか。

★ 60歳以上で二人以上の世帯の1ヶ月の平均支出額は
約26万6千円程度でしたが
★ シングルライフの場合には、やはり総務省の
平成22年調査では
・男性では、平均支出額 約15万2千円
・女性なら、 平均支出額 約15万円
という結果が出ています。


男性の場合には、食費が女性を上回っていますが、これは酒代がはいっているのが原因でしょう。
また、女性のほうが衣料品では、オシャレするだけあって男性より上回っています。

   男  女
食    費  33,078円
24%
 31,628円
21%
住 居 費   14,711円
10%
 14,844円
10%
日用品衣料品   10,199円
7%
 11,195円
8%

男性も女性も、支出の内容は若干違うものの、一人暮らしでは、約15万円はかかるようです。
これが現在のシングルシニアの支出額ですが、持ち家があり、長年企業に勤めて厚生年金が入る人なら、何とか生活はできそうですが、家賃を払い続けたり、国民年金だけで生活しなければならない人は、やはり足りないでしょう。






★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント