定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から


老後のセカンドライフを楽しむための具体的な費用は?


定年を60歳とし、それから25年間生きるとすれば、だいたい1億円程度必要といわれています。
これは結果として、これぐらいかかるというものですが、あなたの生活レベルや公的年金あるいは退職金の額などによって、人それぞれに必要とする金額は違うでしょうし、自分で準備しておかなければならない金額も異なってきます。




ただ人生90年時代、老後への不安が増幅していますが、その理由のひとつに、老後の収入の柱である年金の先が見えないことです。

老後を生き生きと楽しく生きていくためには、年金を補完する資金を準備しておく必要があり、その考え方と計算方法を理解し、老後のための貯蓄額を把握しましょう。

それでは、どれぐらいの貯蓄があって、どれぐらいの年金等があれば、ゆとりのある老後生活を送れるのでしょうか。

セカンドライフに必要な資金充実したセカンドライフをおくるための老後資金には、何が何でも確保したい生活費、安心かつ充実した人生にするためにレジャー費用や車の買い替え費用、住宅のリフォーム費用、子どもへの援助資金などがあります。

前提条件として、御主人が60歳で定年退職するが、子どもは二人いて、住宅ローンは完済されていないと仮定して、老後の必要資金を計算してみましょう。

※生活費は、夫婦二人で月約25万円であると仮定します。

 生活費総額  25万円×25年×12ヶ月=7,500万円
 住宅ローン一括返済  500万円
 バリアフリーにリフォーム  500万円
 子どもの結婚資金  200万円
 子どもの住宅資金  200万円
 旅行・レジャー関連資金  400万円
 医療・介護費用  300万円
 クルマ買い替え費用  300万円
 予備費  300万円
 総  額  10,200万円

このように、絶対に必要な生活費は7500万円。さらに、住宅ローン残債を退職金で完済し、住居をバリアフリーにリフォームし、子供の結婚・住宅購入に応分の援助をして、趣味や旅行などもそこそこ楽しむ、などなど充実したセカンドライフをおくるために必要と思わます。






★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント