定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から



シングルシニアの将来に不安はないのか?


シングルシニアの場合に問題なのは、元気なうちは良いでしょうが、健康状態が悪くなったり、足腰も立たなくなって入院したり介護施設にはいらなければならないような場合には、予想外のお金が必要になることです。



親の財産を受け継ぐとか、あるいは親族に囲まれた生活をしているようなら、比較的安心できますが、それでもイザという出費のためには、働けるうちはいつまでも働き続け、収入を確保して、できるだけ預貯金の取り崩しを減らすようにしなければなりません。

そうしないと、もし、病気などで倒れたら、あなたの面倒を見る人がいないのですから、家政婦さんを雇うとか、入院することも必要になるから、そのための費用はあらかじめ用意しておく必要があります。

そのあたりが二人以上の世帯で生活している人と、シングルシニアで生活している人との大きな違いです。

確かに一人暮らしの人は、自由気ままで、誰に気兼ねすることなく、のびのびと生活できますが、それはあくまで、若くて元気がよいときであり、60歳以降は生活のリスクは非常に高まり、住居の確保から保険なども備え、そして余裕資金を持っていなければ、安心した老後は送れません。

なお、お金がすべてではありませんが、お金で解決できることもたくさんあります。
それと、孤独死にならないように、普段から近所や友人とのコミュニケーションを図りながら生きがいを見つめ、また精神的に充実した日々を送るように若いうちから訓練していなければなりません。

注意しなければいけないのは、人間は孤独になれば、人が恋しくなって近づいてくる人をすぐに信用してしまう傾向があり、そのために、どれだけ多くの独居老人がお金を騙し取られたことでしょう。

お金も大切ですが、それ以上に身近に相談相手がいることのほうが、もっと大きな財産であることを知っておきましょう。







★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント