定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から

歳を取ったらメタボ対策より別の心配をしよう


70歳を越えたら、ちょっとぽっちゃりしているぐらいが一番長生きできます。
シニアは過剰なメタボ対策にご注意を!



★ 粗食はNG!栄養失調になる可能性も

歳を取ったら粗食に切り替えることこそ、健康長寿につながるという情報を鵜呑みにしている人が多いのではないでしょうか。

あくまでも食べ過ぎてはいけないだけであって、質素な食事ばかりでは体にも脳にも悪影響なのです。

あなたは知らず知らずのうちに、栄養失調になっていませんか。

栄養が足りているかどうかというのは、血液中の「アルブミン」の量を計ると分かるといわれています。アルブミンは血液中に多く含まれているたんぱく質のことです。介護が必要となってくる人はアルブミンが不足していることが分かっています。

アルブミンが不足すると、肝臓の疾患やさまざまな病気を引き起こしてしまうのです。バランスよく食事を取っていればアルブミンが不足することはありません。1日に摂取したいたんぱく質の量は厚生労働省の推奨で男性で50〜60g、女性で40〜50g。

肉に含まれている成分のうち、たんぱく質は部位によって異なりますが、30〜40%といわれており、さまざまな食材の中でも、肉からが一番よくたんぱく質が取れます。


★ 肉と魚を1日おきに食べるようにしましょう

毎日肉を食べるのはなかなか難しいという人は、肉と魚を1日おきに食べるようにしましょう。

魚は肉と比べるとあっさりしたものが多く、また魚の脂は動脈硬化を予防してくれます。

「アスタキサンチン」や「DHA(ドコサヘキサエン酸)」「EPA」など、老化を防ぐ栄養素も豊富です、老化を防ぐ魚とたっぷりのたんぱく質を含んだ肉を交互に食べて、長生きを目指しましょう。






★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント