定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から

ペットを飼うと脳から幸せホルモンが放出される


ペットが与えてくれる「癒し」は、「幸せホルモン」のおかげ。
これは飼い主にもペットにも分泌されます。



★ 別名「幸せ癒しホルモン」、「オキシトシン」の正体とは

ペットを飼っている人ならば、疲れがたまっていたり、気分が落ち込んでいるときにそばにペットがいることで救われた、癒された、という経験もあるでしょう。

実は、ペットを飼うと、脳から幸せや癒しを感じさせるホルモンが分泌されることが、科学的に証明されているのです。その正体は「オキシトシン」と呼ばれるホルモンです。

別名「幸せホルモン」や「癒しホルモン」と呼ばれているオキシトシンは、一般的には子宮収縮ホルモンとして取られています。

お産をスムーズに行いたいとき、母親にオキシトシンの点滴をする場合があります。すると陣痛が辛くなくなる効果や、母乳を出すように体に命じたりする効果が期待できるのです。つまり、母性愛と深く関係しているホルモンというわけです。

母性愛といいましたが、オキシトシンは決して女性専用のものではありません。男性からも、ペットからも分泌されるホルモンです。

スキンシップや触れ合いがきっかけになるため、ペットをなでることで分泌されます。なでられた側であるペットも、同様に幸せに感じられます。


★ スキンシップを増やして幸福の輪を広げよう

また、オキシトシンはペットとのふれあいだけでなく、子ども褒めてなでたり、恋人の手を握ったりすることによっても分泌されます。幸せを感じることは私たちの人生をより輝かせイキイキとした元気の源を与えてくれます。

大切な人と触れ合う機会を増やし幸せホルモンを分泌させ、幸せの輪を広げていきましょう。






★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント