定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から

腰痛になりにくい立ち方、座り方


日常での立ち方や座り方が、腰にダメージを与えているかもしれません。正しい姿勢をマスターして腰痛を防止しましょう。



★ 腰痛を予防する立ち方のポイント三つ

腰の痛みを年齢のせいにして、諦めている人も多いのではないでしょうか。
腰の痛みは、姿勢の悪さやゆがみによる腰の負担が原因となることが多いのです。

そのため日々の立ち方や座り方に気をつけるだけでも、予防し、改善させることができます。

立った状態で、お腹に力を入れて引っ込めてください。それからお尻の坐骨を中央に寄せるイメージでお知りにもキュッと力を入れ、胸は上に引っ張られるように上げます。

腰によけいな負担がかからなくなり、ゆがみが改善、腰痛を軽減したり予防したりすることができるようになります。
この正しい立ち方は目をとても美しいので一石二鳥です。

腰痛を改善するだけでなく、立ち振る舞いも美しく見せることができる、というわけです。


★ ドスンッと座るのはNG

座ったり立ったりするときも意識してください。イスに腰かけるときは、そっと腰かけてお腹に力を入れたままにします。そして、イスから立ち上がるときは両足をイスのそばにきちんと寄せてから、真上に立ち上がるようにしてください。

しゃがむときは、重心を引き上げるのをイメージしながらお知りをかかとの上に載せるようにすることです。

これをマスターできれば、正しい姿勢で自身の体重をきちんと支えられるようになるので、腰痛の原因を根本から改善することができる、というわけです。






★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント