定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から

家事の最中は前かがみにならず姿勢に気をつけよう


毎日の家事で、体に負担を抱えている人も多いのではないでしょうか。
ほんの少し姿勢に気をつけるだけで、かなり楽になります。



★ 姿勢に気をつけるだけで腰への負担が大きく減る

毎日行わなければいけない家事は意外と体力を使うものです。腰に疲れがたまっている人もいるのではないでしょうか。これは、台所仕事や掃除などを行うときに、気がつかないうちに前かがみになっていることが原因かもしれません。

実は前かがみ姿勢は、腰にかかる負担が直立時の1.5〜2倍以上と言われているのです。日々行う家事でそけだけ体に負担がかかるのはよくありません。腰痛の原因にもなりかねません。

そこで、少しでも家事を楽に行うために気をつけていただきたいのが姿勢です。

たとえば掃除機をかけるときは、掃除機の柄を長くして使うようにしてみたください。自然と背筋を伸ばすことができます。
雑巾がけも片方のひざを床につければ、背筋を伸ばして行うことができます。


★ 腰に負担をかけず、家事の最中のエクササイズ

また家事には、かなりの運動効果があることがわかっています。

たとえば、標準体型の成人の場合、20分間のストレッチは27〜34kcal消費するのに対し、同じ時間お風呂掃除をすると51〜64kcal、掃除をかける場合は46〜57kcal消費することになるのです。

そこでさらに姿勢にも気をつければ、より代謝を上げ、脂肪を燃焼させることができるというわけです。姿勢をよくすることで、腹筋を鍛えられ、腰に負担をかけずにインナーマッスルを鍛えることにもつながります。






★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント