定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から

よく噛んで食事を楽しみ、唾液で老化を防止しよう


口の中の健康を保つことは、体と脳の両方を若々しく秘訣です。
口の中から元気になれば、元気に長生きできるのです。



★よく噛んで食事を楽しみ、唾液で老化を防止しよう

体と同様に、こまめによく動かして欲しいのが口です。あなたは食事のときに何回噛んでいるでしょうか。

よく噛むことは健康的に長生きするためにとても大切なことなのです。少なくとも一口に30回は噛むようにしましょう。

噛むと唾液が分泌されます。唾液は消化を助ける役割や抗菌作用、歯の表面を掃除し、虫歯を予防する効果があるのです。

さらに、老化防止に役立つ成長ホルモンが含まれていることも分かっています。

また、よく噛むことは、食事をゆっくり食べることにもつながります。満腹感が確実に脳に伝わり、食べる量を抑えられるため、ダイエットにもなり一石二鳥です。

唾液は緊張やストレスが多くなると、分泌量が減ってしまいます。そうでなくても年とともに分泌量が減ってしまうので、意識して口を動かす必要があります。

唾液の分泌をどんどん促しましょう。


★ 口を動かすことが認知症防止になり、食事で脳を活性化しよう

東北大学大学院の渡辺誠・歯学研究科教授のグループが行った、仙台市内に住む70歳以上の高齢者対象の、自前の歯の本数と調査に関するレポートによると、健康な人ほど自前の歯の本数が多いことが分かっています。

これは、自前の歯で食べ物を砕いて唾液とともに消化器官へ送り込むことや、歯茎に刺激が与えられることで、血流がよくなり脳が活性化することが考えられます。

自前の歯が一番ですが、もし歯を失ってしまっても、放っておかずに歯医者に相談するようにしましょう。






★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント