定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から

早食いや夜食はNG!規則正しい食生活が大切


人よりも食べるスピードが早い。
お腹をいっぱいにして寝ている。
このような食生活では、やがて必ず肥満になりますよ!



★ 食事はゆっくりと取るのがルール

あなたは、一回の食事にどれくらいの時間をかけていますか。
一度、自分の食事にかかる時間を計ってみましょう。朝食や昼食に10分間もかけていないという人も多いのではないでしょうか。

医学的には、1回の食事に20分から30分間かけることが大切なようです。

その理由は、脳にある満腹中枢に「おなかいっぱい」という信号が届くまでに約20分間かかるためです。これよりも短く食べ終わると、必要以上に食べ過ぎてしまい、肥満を招くのです。

人間にとって食べることは生命維持にかかせない行動であり、心を豊かにしてくれる幸せな時間でもあります。旬のものや食材を味わうようにして、食事をもっと楽しんでみてはいかがでしょうか。

また、食事の最中に箸休めの時間を作るようにするのも早食いを防止するコツでしょう。時折、箸置きに箸を置いてお茶を飲むなどするようにするといいでしょう。

ゆっくり食事を取ることは肥満を防ぐだけでなく、胃などの消化器官にとっても、いい行動なのです。


★ 夕食は軽めにして、夜遅くは食べ物を口にしないのが理想

朝や昼に食べ物をあまり口にせず、夜にまとめて食べる食生活は、肥満の最大の原因になります。食事の時間が遅いと、エネルギーとして消費する時間が取れず、脂肪としてため込むことになるのです。

朝食や昼食をしっかりと取り、夕食は軽めにしましょう。

そうすれぎ、寝ている間に自然に体重をコントロールできます。できれば夜9時以降、それが難しければ夜11時以降は、食べ物を口にしないのが理想です。






★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント