定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から

立ちっぱなしの疲れは片足を台にのせよう


立ち仕事は足腰に大きな負担がかかります。
こまめに疲れをやわらげて、腰痛や脚の痛みの悩みを取り除きましょう。



★ 片足を台の上にのせるだけで足腰の疲れが軽減できる

長時間立ちっぱなしでいると脚や腰などに負担がかかり、疲れがたまってきますね。そのままにしていると、血行不良になり足のむくみや、筋肉が固まってしまって腰痛などを引き起こす原因になりかねません。

そこで、そんなときは立った状態のままで片足だけを、高さが20cmくらいの台の上にのせてみることをおすすめします。

片足を台にのせると、股関節やひざの関節を軽く曲げることになります。この状態でいると、腰の負担を大幅に軽減させることができるのです。

これは、立ち仕事の間はもちろんのこと、待ち合わせ中などにもおすすめです。20cmくらいの台は意外にあるものです。

たとえば、駅前で待ち合わせをしている場合なら、ロータリーにある花壇のふちなどがぴったりかもしれませんね。日常生活の中で、足腰のリフレッシュに適したベストスポットを見つけましょう。


★ 顔を洗うときなど、スキマ時間を見つけてやってみよう

他にも、片足のせは顔を洗うときなどにも行うといいでしょう。というのも顔を洗うときは、洗面台に前かがみにならなければいけないため、腰にかなりの負担がかかっている状態だからです。そのままでは、毎日の行動が積み重なって、やがて大きなダメージになってしまいます。

洗顔中に行うときは、さらに足を前後に開いた状態で行うと、より効果的に疲れを取ることができます。






★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント