定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から

歩数計を買っても最初は無理をしないこと


健康にとてもいいウォーキングです。
最初からハードルを高くしないことが長く続けるコツです。



★ 少しずつでも毎日続ければ効果があり、1日1万歩でなくてもOK

ウォーキングは健康のためにとてもいい有酸素運動です。毎日の歩数の目標値として「1日1万歩」などとよくいわれますね。

ですが、1万歩は時間に換算すると約1時間半です。普段の生活でよく歩く人にとってはクリアできなくもない歩数ですが、デスクワークや車移動中心の人にとってはなかなかハードルが高いのではないでしょうか。

「継続は力なり」ということわざがありますが、ウォーキングも続けることが大切です。まずは1日500歩多く歩くことから始めてみましょう。

500歩は、歩幅を70cmとすると300mほどの距離になります。時間にすると、おそらく5分間もかからないくらいで、早足の人ならば2〜3分間でしょうか。今まで歩いていた距離よりも5分間多く歩くのであれば、がんばってみようかな、と思えるのではないでしょうか。

家から駅まで歩くようにする、少し遠回りをしてみるなど、日常の中でほんの少し工夫してみましょう。



★ 効果的なウォーキングは、20分間を目安に

たとえば5分間のウォーキングを1日に何回も積み重ねるのももちろんいいですが、より効果的に行うには、1回のウォーキングで20分間は歩き続けることをおすすめします。

20分間ウォーキングをすると基礎代謝が上がり脂肪燃焼を促してくれるのです。ポカポカとじんわり汗をかくぐらいが理想的です。減量効果もありますので、ダイエット中の人にとてもおすすめです。


【ウォーキングのような有酸素運動は長く行わないと意味がないというのは、実はウソ】

「有酸素運動は20分間以上行わないと意味がない」という噂を聞いたことがありませんか。これはじじつではありません。ではなぜ、20分間という数字が出てきたのでしょう。これは運動をするときに使われるエネルギーの種類が関係しているのでしょう。

運動を開始したとき、エネルギーとして消費される栄養素の約6割が糖質、約4割が脂質です。そしてこれが、運動を開始してから20分間くらいで同程度の割合になり、以降は脂質を消費する割合が増えていくのです。

つまり「20分間以上」は、運動で脂肪をより効率よく燃焼させられる時間ということです。それ以下の時間でも脂肪を燃焼させることはできるため、「意味がない」というのは誤解なのです。たとえ短時間でも、毎日きちんと続ければ効果が期待できます。






★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント