定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から

高血圧にならないためには
調味料の隠れ塩分に気をつけよう


塩分の取り過ぎは高血圧や腎臓に負担を与えてしまいます。
隠れ塩分に十分注意しましょう。



★ 美味しい食べ物の落とし穴が。しょっぱいものを取り過ぎないように

味の濃い食べ物は美味しくて、ぱくぱくと食べられてしまいますね。どうして美味しいのか、そのわけのひとつは味付けに塩分が含まれているからです。美味しい料理には塩分が多く含まれているものなのです。



ですが、塩分の取り過ぎは動脈硬化や高血圧を招いてしまいます。健康的に長生きをするためには、なるべく抑えたいところです。

料理にさらにプラスしてしょうゆや塩をかけたり、つけたりしないように気をつけることが大事です。

また、意外と気づかれていないのですが、市販の調味料やドレッシング、料理酒などにも塩分がたっぷりと含まれています。

本みりんの場合は大丈夫ですが、みりん風調味料やだしの素などにも隠れた塩分が含まれているのです。

減塩を始めると、最初は食事が味気ないと感じてしまうかもしれません。でも、やがて食材本来の味が楽しめるようになったり、繊細な味付けのよさが分かるようになったりします。徐々に減塩生活に慣れたいものです。


★ そもそもの食事量が問題で、簡単に減塩できるコツ

たとえば、塩分の量を普段の生活で取っている量から3割ほど減らしたいと思ったとしましょう。そんな際に使えるコツをご紹介します。

それは、食事そのものの量を7分目に抑える、というものです。食事の量を今よりも3割減らして腹7分目にしてしまえば、現在摂取している塩分もその分だけ減らすことができるというわけです。






★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント