定年退職後の年金で、健康で長生きする老後を送るには、体調管理と国民年金・厚生年金、相続・贈与の仕組みも知っておこう

Menu ▼
ゆとりある老後生活を考えよう
年金の基礎知識
生命保険の基礎知識
相続の基礎知識
医療費と保険の基礎知識
死別・離婚で生活はどうなる
介護について
退職してからのお金の心構え
老後の住まい方はどうするの
人生にゆとりをもって生きよう
豊かな人生はいい人間関係から
人生謳歌は定年退職後から
健康で長生きするための秘訣
ゆとりある老後生活を考えよう

年金の基礎知識

生命保険の基礎知識

相続の基礎知識

医療費と保険の基礎知識

死別・離婚で生活はどうなる

介護について

退職してからのお金の心構え

老後の住まい方はどうするの

人生にゆとりをもって生きよう

豊かな人生はいい人間関係から

人生謳歌は定年退職後から

認知症対策には朝食をきちんと食べよう


忙しい朝は朝食なしという人はしいませんか?
それが将来的に認知症や肥満を招くおそろしい習慣になっているかも。



★ 脳のエネルギー不足は、認知症の原因にもありえる

あなたは毎朝、きちんと食事をしていますか。朝食は体を動かすために必要不可欠なものです。もしも、朝食を抜いて過ごすと、どんな悪影響があるのでしょうか。

食事を取ると血糖値が上がります。これはつまり、食事で摂取した栄養素のうち、糖質が分解されて前進に運ばれているということです。糖質は人間を動かすエネルギーとして、なくてはならない物質です。

特に脳が働くためには、たくさんの糖質が必要になります。朝食を抜くということは昼間に脳を働かせるためのエネルギー補給をしないということです。これでは午前中ずっとぼーっとしてしまって、動くことができません。

さらに脳へのエネルギー不足が毎日起こると、脳の機能が徐々に衰えて認知症の原因になっています。

生命を維持するためには、何もしない常態でもエネルギーが必要です。寝ている間も、糖質を含むたくさんのエネルギーを消費しています。毎朝、エネルギーが空っぽになった体に補給をしてあげましょう。

★ 朝食なしでは逆ダイエットで、肥満のリスクが高まってしまう

食事を取ると血糖値が上がることは説明しましたが、空腹の状態で食事を取ると、血糖値は普段よりも急激に上がります。すると、体内で血糖値を下げる役割を果たすホルモンであるインスリンが過剰に分泌されます。

血糖値が急激に下がると今度は体がエネルギー不足を訴え、必要以上にお腹が空いてしまいます。

その結果、普段よりも食べ過ぎてしまうのです。ダイエットをしたい人は朝食を忘れないことです。






★おひとりさまの心構えと老後の対策
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
★古歌による人生の羅針盤
★生活習慣病と疲労ストレスの解消法
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
★介護保険の徹底活用
★うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
★結婚できる女性・できない女性の特徴
★怖いほど当たる四柱推命
★採用される履歴書等の書き方とポイント